【マジか!】ホリデー車検の評判は?口コミは?体験談を紹介します

MENU

ホリデー車検の評判とは

所有している車が車検の時期を迎えるときは、業者探しに取り掛からなくてはなりません。安心して任せられる業者をお探しの方には、口コミで評判のホリデー車検をおすすめします。実際にホリデー車検を利用した方の口コミには、手頃な料金でしっかりとした内容の車検が受けられたいった感想を見ることができます。大切な車ですから徹底的にチェックしてくれる業者を選ぶことが大切です。

 

車検のエンジンルーム点検

ホリデー車検では立ち会いと徹底対話のシステムによって安い整備料金が実現しています。

 

車検の当日は作業を始める前に利用者に立ち会ってもらい、車の状況をすみずみまで確認していきます。整備士が説明して納得できたら追加整備を受けることもできますが、不要だと思う内容であれば交換する必要はありません。

 

立ち会いのときはリフトを使って車の下までチェックできるようになっていますし、エアコンフィルターは新品と比べながらどの程度汚れているかの説明を受けることができます。

 

ホリデー車検はダブルの安心システムが確立されています。

 

1つ目の安心システムは

 

高い整備技術と品質管理を実施していることで、全店舗が信頼の証であるISOを取得しています。ホリデー車検の加盟店は全てが運輸局から指定されている民間車検工場です。代行車検などとは異なり、国家資格者の整備士が車検を担当しています。

 

2つ目の安心システムは

 

低コストと安全を両立するホリデー式アフターフォローにあります。整備計画に沿って整備と交換の時期を知らせるなどアフターフォローに力を入れているので、ホリデー車検を選べば長期間にわたって安心感が得られるでしょう。

 

3つ目の安心システムは

 

丁寧な説明を支える全国コンテストにあります。接客を調査するためのコンテストが毎年開催されており、スキルアップを図っています。

 

ホリデー車検の見積もりを確認したいときは、公式サイトに表示されている料金表を開いていましょう。追加整備がなければ表示の金額が概算の見積もり額となります。

自分に合った車検を受けましょう!

車検と言えば、少し前まではディーラーで受けるのが普通でしたが、今ではいろいろな業者が参入してきており、ユーザーの選択肢も増えました。今でも安全第一ということで、ディーラーに持っていく人が大多数ですが、せっかく選択肢が多いのですから、ほかの方法も考慮してみて損はありません。それぞれの特徴やメリットなどを理解した上で、自分に合った車検を受けることが最も賢明です。

 

車検とは、国が公道を走る車に義務付けている最低限の点検です。普通乗用車なら新車から3年、その後は2年おきに受けなければいけません。この時、税金もたくさん払わなければいけませんので、できれば受けたくない、と思っている人もいるかもしれません。しかし、本来の目的を考えてみてください。公道を安全に走るための点検ですから、この制度はドライバー自身のためにあると言っても過言ではありません。

 

車検の安い見積もり

少しでも安く済ませたい、ということで、ユーザー車検を選択するのも良いですが、リスクも理解しておくべきです。
車検のとき、税金がかかると述べましたが、その税金の額は、言うまでもなくどこで受けても同じです。これを法定費用と言います。抑えられるのはそれ以外の費用、つまり点検や整備にかかる費用です。点検や整備を怠れば、その分安全性が低くなる可能性があります。

 

 

しかし、必要以上に点検、整備をして無駄なお金を払う必要まではありません。信用第一のディーラーは、万が一どこそこのディーラーで車検を受けた直後に事故を起こした、などという噂が立っては死活問題になるため、慎重すぎるほどの整備をします。ディーラーが一番高いのはこのためです。

 

整備工場やガソリンスタンド、カー用品店などでも受けることができ、ディーラーよりは安い費用で済むのが一般的です。整備工場やガソリンスタンドも自動車のプロが整備しますので、安心と言えば安心ですが、店舗によって差があることは否めません。
こうしたリスクを踏まえ、どの方法が自分に一番合うかを検討していくことになります。

 

少しでも安く車検を受ける方法

2年に一度の車検ですが、その費用を考えると頭が痛くなりますよね。少しでも安く済ませたいものです。

 

法定費用は一律ですので、それ以外の整備費用や手数料で各社の差が出てくることになります。

 

整備費用や手数料を節約したい場合、ユーザー車検という方法があります。

 

自分で車を運転して検査場へ持込み検査を受ける方法です。これは、検査場が自宅の近くにあり、初回の3年目かもしくは2回目の5年目くらいまでの故障が少ないであろう場合に限り有効です。

 

もちろん検査に合格しない項目があれば修理が必要なので、その日に終わらないリスクがあります。そういった方のために車検場の近くには整備工場があり、検査に引っかかった場所のみ修理してもらうことが可能ですが、費用対効果で考えると手数料を払って業者に任せるのがおすすめです。

 

 

車検料金

業者にまかせるといっても、いくつもの業者にわざわざ連絡をとって金額の確認をし、見積をしてもらうことはとても大変です。

 

そこでおすすめなのが比較見積もりです。比較見積もりと検索すると様々なサービスがあります。なんとなく面倒なんじゃないかとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、1社に見積もりを依頼するのと手間は変わりません。同じ手間で複数社に同時に見積もりを依頼することができ、待っているだけで業者から連絡が来るのです。

 

業者からの連絡も様々ですが、金額だけでなく対応なども検討材料としても良いでしょう。また、修理に関する考え方も様々です。とにかく安くということであれば本当に最低限の点検だけで終わらせてくれる業者もありますし、次の車検までの2年間を見越して修理を提案してくれる業者もあります。

 

そこは、安くすることだけではなくどこに重点をおいているかによるので、信頼できそうな業者と話し合い、その中から自分にあった業者を選択しましょう。

 

比較見積もりは、そのような業者選択の入り口として非常に有効なものです。みなさんも、次回の車検の際にはご利用を検討されてはいかがでしょうか。